男性

価格が安くてお得な中古ビジネスフォンの魅力|OA機器のプロ

心配になる

トナー

リサイクルトナーはトラブルが心配

企業のコストダウン策として消耗品のコストを下げることは、大事な要素です。 特に、オフィスの消耗品としてコピー機のランニングコストは必ずかかるものですから、そのコストをどう抑えるかと日々頭を悩ませておられる方もいらっしゃるでしょう。そこでコピー機のランニングコストを抑える策としてリサイクルトナーをご検討される方も少なくないと思います。しかし、リサイクルトナーについては登場した当初はメーカーの純正品でなく、様々な業者がリサイクルトナーの提供をしたことから文字のにじみなどのトラブルやリサイクルトナーそのものがコピー機の故障の原因というような評価を受けたこともあり、リサイクルトナーにはトラブルがつきもののような時期もありました。しかし、昨今はエコの観点からメーカーでもリサイクルトナーを提供し始めており、トラブルの問題もメーカーが責任を持つことで解決してきています。トラブルが怖いという方でも安心してリサイクルトナーを使える時代になってきているのです。

環境問題とコストダウンを両立

エコの観点からメーカーが自ら使用済みトナーの回収と再生を行うという事例が始まっています。リコーでは回収センター、再生センター、リサイクルセンター、などの施設を準備して、リサイクルトナーを回収し、再生して再度使用できる体制を作っています。メーカーが率先して行うことで、故障したトナーであっても、プラスチックパーツとして回収し、再資源化することで、無駄なごみを発生させず環境への負荷も抑えています。また、メーカーがこのようなリサイクルの仕組みを構築することで、消費者にとっては新品のトナーとリサイクルトナーという選択肢ができ、オフィスのコストダウンにも貢献してくれるということになります。これまではコストダウンの観点だけでしたがリサイクルトナーを使うことで環境問題に対しても貢献できるという時代になってきたのですね。